TOP ≫ CATEGORY ≫ ♠ :Care
CATEGORY ≫ ♠ :Care
≪ 前ページ       

♥:ありがとう。さようなら。

先々週かな前の部署で担当を持たせてもらった
お婆ちゃん(Tさん)に会いに行ってきました(*´ω`*)

認知がある為、もぉ私の事も初めて会う人となっており

Kさん「初めましてぇ。」
私「Tさああああん!(抱きつく)」
Kさん「まぁ///」

と、とても可愛かったです

a.jpg

今の部署では【ターミナルケア】対応の人が2名います。

きっと、今週持つかどうかの方達です。

そのうちの一人(Kさん)とは短い間だけど、いろいろな思いでがありました。
毒舌なKさんは、介護拒否も強く初めてサポートに入った時も

私「こんにちわー^^」
Kさん「うっさいはブス。」
私「^^(こみ上げる怒りを抑える)」

と徐々に心は開いてくれるものの毒舌でした。
しまいには「黙れクソババア」と言われ
「まだ25ですううう!まだ若いですうう!!」と言い返してました(笑

でも、今ではそんなやりとりすら出来なくなり喋るのも困難です。

話せば喧嘩ばかりだったけど、その分愛着もあって大好きなお爺ちゃん。
今の状態になってから

「Kさん来たよー。私だよ?大丈夫?」と尋ねると、一生懸命何かを話してるんです。

「来てくれたんか?ありがとう。」って言ってくれたんです。

話すのも困難なKさんが一生懸命私に向けて伝えてくれた言葉。
思わず泣いちゃいました。

苦しむKさんに対し、少しでも楽にしてあげれる方法はないのかな?
私が出来る事は何かないのかな?寄り添ってあげる事しかできないのかな?

一番身近にいるのに何もしてあげる事ができないのはすごく辛いです。

「その人の最後の人生に寄り添う事の出来る仕事」

上司に言われた言葉。その人の最後を見送るのが私達の仕事でもあります。



↑の文は5日に投稿するつもりが、まだ途中だったのでそのまま放置してたものです。

この5日の朝にもう一人のお爺ちゃん(Sさん)と、6日の朝にKさんは亡くなりました。

Sさんのエンゼルケアを看護師と一緒にしました。

清拭をし、少しお化粧をしてきれいな服に更衣するのですが
「Sさん、この服新品だよー。」「Sさんにすごく似合ってる。」など
返事は返ってこないけどたくさん話し掛けました。

「あんたは褒めるのがうまいねー。ホホホ。」と笑うSさんを思い出しました。

この数日間、ずっと苦しかったのが嘘かのようにとても穏やかな表情でした。
同じくKさんも、眠っているかのような表情だったらしいです。

やっと楽になれたね。もう苦しまなくていいんだよ。
良かった。本当にお疲れ様でした。

きっと、二人とも奥さんが天国で待ってると思います。
迷わずに出逢えたらいいな。

♥:命の大切さ

先週、母親が倒れ救急車で運ばれ付き添いで乗車し
苦しむ母親を目の前に手を握って声を掛ける事しかできない
自分の無力さがすごく悔しかった。

変われるものなら変わってあげたい。

我慢強くてどんなに辛くてしんどくても愚痴一つこぼした事のない母親が
「苦しい」って言った時には、涙を堪えるので必死でした。

ただただ、早く病院に着いてと思うばかりでした。
今も時々、症状は出るもののだいぶ落ち着いた様子なので安心です。

でももし「この時が最後だったら・・・」と考えると
きっと後悔ばかりが残っていたと思います。

介護の仕事も「人の死」に直面する事が多くあります。
上司に「介護の仕事はその人の最後の人生にお供する仕事」と言われた事があります。
この6年間で病死、事故死とたくさんの死を見てきました。

初めは、人の死に慣れる事ができず泣いてばかりでした。
耐える事が出来ず、介護の仕事を辞める事も考えました。

でも何年もこの仕事をしていると人の死に「慣れる」自分がいました。
「慣れる」よりも「慣れなくてはいけない。」こっちが正しいのかもしれない。

悲しい気持ちはあっても次第に涙は出なくなりました。

でもそんな時、4年間担当を持たせてもらったお婆ちゃんが亡くなりました。
この時ばかりは涙が止まらず家族の前でも堪えるのに必死でした。

「人の死に慣れた」自分が、この時泣いたのはきっと
このお婆ちゃんとの過ごした時間の多さでした。

そのお婆ちゃんとの4年間の思い出が溢れてきて涙を堪える事が出来ませんでした。

関わりを持てば持つほど、情もわいてくるし
その分良い事・悪い事もたくさんあるかもしれない。

でも人との「関わりの大切さ」「命の大切さ」「今という時間の大切さ」
いろいろと学ぶものもたくさんありました。

その人の人生の最後に付き添う事が出来るこの仕事を誇りに思います。

「死」はいつやって来るのか誰にもわかりません。
もしかしたら今日が最後になるかもしれない。
だから今出来る事はしたいし伝えたい事は今伝えたい。

自分にとって大切な人との時間を大事にしないといけないって本当に思いました。