TOPスポンサー広告 ≫ ♥:伝えたい言葉TOP♠ :Care ≫ ♥:伝えたい言葉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

♥:伝えたい言葉

夜勤の時になるといつも「ご苦労様。これ食べて頑張ってね。」と言い
チョコレートやジュースをくれるお婆ちゃんがいました。

100歳の誕生日の時も家族を招待してスタッフ、利用者全員で
お祝いをしたり、皆からも好かれる笑顔の可愛いお婆ちゃんでした。

reWGUOVUQtnKM6H1467553391_1467553482.png

息子さんが二人いて、毎日面会にも来てくれたり
家族からも本当に大事にされているんだなっていうのがすごく伝わりました。

ZEBQf87qlcmKYbf1467553555_1467553573.png

王将が大好きなので定期的に食べに行ったりもしました。
歳のわりに本当に元気で、中華料理もめちゃくちゃ食べます(笑

1_o2nZuDiwV8BO31467553504_1467553531.png

そんなお婆ちゃんが先週、亡くなりました。
一ヶ月前に転倒し、大腿骨を骨折し入院したのがきっかけでした。

入院してから水分食事共に、まったく口にせず栄養状態も悪く現段階では
歳のせいもあり回復の見込みはほぼないと医師からも話されました。

一度私と上司がお見舞いに行った時も、以前のお婆ちゃんではなく
顔もやつれてしまい元気もほとんどありませんでした。
ただ、私達の顔を見ると「帰りたい。」と何度も何度も話していました。

それから数日後に病院から連絡があり「後2、3日が限界です。」と話しがあった。
この時のお婆ちゃんの状態は、酸素を入れており食事水分もほぼとっておらず
薬も飲めていないため、点滴も行っていなかったそうです。

夜間緊急時に何か起こった際に、医療的な事を介護士が行えない事など
施設での受け入れが難しい部分が幾つかあった。

でも本人の希望は「施設に帰りたい」であった為、ご家族も最期の願いを叶えたい
と言う気持ちがあり、施設で最期を迎える事となった。

施設に帰ってきた時、お婆ちゃんはとても笑顔だった。
でもいつどうなってもおかしくない状態であり、常に死と隣り合わせの状態だった。

退院してからは息子さんがずっと施設に泊まり
夜もほぼ寝ずにこのお婆ちゃんの手を握っていたそう。

お婆ちゃんが亡くなる前日、私は夜勤をしていて息子さんから
「少しいいですか?」と言われ、いろいろお話しをしていました。

このお婆ちゃんとの昔話や、入院してから今日に至るまでの話など
「自分は母にとって満足してもらえる事が出来たのでしょうか。」と言う
不安や悲しみなど、ぶつけようのない感情がたくさんあったんだと思う。

「いつもHさん(お婆ちゃん)は私達にも優しくしてくれたり、孫の様に可愛がってくれたり
私はHさんが大好きです。よく息子さん達のお話しをされる事もありましたよ。
毎日来てくれているのに「まだ来ないの?」と怒られる事もありましたよ。
きっともっと一緒にいたかったんですかね?大好きなんだなーって思いました。
最期に、ここに帰ってこれたのも息子さんたちのおかげだと私は思います。」

ってこんな感じのお話しを息子さんとしてました。
ただひたすら「ありがとう。ありがとうございます。」と頭を下げられた。

私達自身、本当にこれで良かったのだろうか?
このお婆ちゃんが望んでいた事を私たちは叶える事が出来たのだろうか?
ただの、私達の自己満足で終わってるだけじゃないのか?
など、思う事はたくさんありました。

でも、私が夜勤明けで帰る時にこのお婆ちゃんの所へ行き
「また明後日来るからね。待っといてね。」と言うと
「いっぱいありがとう」と言われ、一緒に過ごした思い出やさまざま感情がこみ上げ
この時ばかりは、涙を抑える事が出来ませんでした。
そしてこの時の会話がお婆ちゃんとの最期になりました。

最期は、スタッフと家族に見守られながら息を引き取ったそうです。
ここのスタッフが大好きだったお婆ちゃん。
息子さんの事が大好きだったお婆ちゃん。

お婆ちゃんの「ここが大好き。」と言ってくれた事が叶えられたと思いたい。
そして、いつも笑顔で優しく接してくれたそんなお婆ちゃんが私達は大好きです。
いっぱいいっぱいありがとう。

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
介護士や看護師等医療に直接的(間接的)に関わる人って、どうしても人の命と向き合わないといけないのですね。
その時にどうやってその方と向き合っていくのとか、深く考えさせられることが多々あるとは思いますが、私がその息子さんの立場だったら、そのおばあちゃんの立場だったらとか考えると、最期にくろさんとお話できたことはすごく良かったことだと思います。
私自身事務仕事をしていて、そういった機会とはほぼ無縁ですので、何か上から目線みたいな意見になりましたが、くろさんこれからも頑張ってください。
応援しています。
2016年07月08日(Fri) 09:04
No title
編集
あかりん
♥:あかりんってあのあかりん!?めっちゃおひさだああああ(´;ω;`)
  そっちに感動しちゃったよ!!!!!ww
  ほんと死と向き合わないといけないから、その人の最後を見送るっていう
  悲しいことが多いけど、その分いろいろな思い出があって
  楽しいことや嬉しいこともあるから介護のお仕事は本当に大好き!!
  あかりんも体には気をつけてお仕事頑張ってね(*´ω`*)♥
2016年07月09日(Sat) 20:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。