TOP♠ :Care ≫ ♥:自分に出来る事

♥:自分に出来る事

夜勤者の人が巡回に行くと、トイレの手すりに電気コードを括り付けて
首吊り自殺はかろうとしたお婆さんがいたらしい。

発見が早かった為、特に異常はなかったものの
「何でもっと後に来てくれなかったの。もっと遅くに来て頂戴よ。」
と泣きわめいてたらしい。

私がここに努めて2年経ったぐらいの時にも夜間、他の部署からヘルプで呼ばれて行くと
居室の真ん中で横たわるお婆さんがいた。
状況を尋ねると首吊り自殺をはかろうとしたと話された。

私もそのお婆さん(Wさん)とはその時が初対面だったので
そのお婆さんの事も何も分からないし、自殺を図ろうとした経緯も分からず
ただただ、そのお婆さんの話しを聞いていた。

「私が死んでも誰も悲しまない。子供たちも迷惑がってる。だから死のうとした。」
と、そのお婆さんは話していた。

老人ホームに入れられたお年寄りに多く見られるのが

・淋しい ・子供に捨てられた ・早く自分のお家に帰りたい

施設での暮らしを快適に思う人も中にはいると思う。
でもやっぱり淋しいと思う人が大半だと思う。

そこで精神面でのケアをするのがスタッフであったり家族の役目だと思う。
でも中には家族との関係が悪い人もいたり、子供がいない人もいたりする。

現実問題、スタッフもお年寄り一人一人と接する時間が少なく
1人1人の不安や不満を解決するのはとても難しい。

でも、たった5分でも毎日お話する機会を作ればその人にとってはその5分が
1日の中での楽しみに変わるのかな?と思った。

それ以来、仕事が終わってからWさんの所へ行き昔話や
最近の出来事などたわいないお話しをするようになった。

そして今、そのお婆さん(Wさん)の担当をもたしてもらっている。
今では精神面でも落ち着き、他の利用者ともうまくいっている様子である。
家族との関わりは今も少ないけど、その分私達が側にいるって事がこの人にとっての
生きる希望に繋がればなと思う。

でも、他に自分がしてあげれる事はないのかな?
これがこの人にとっての幸せなのかな?と考える事もいっぱいある。

そう悩んでいた時
「こんなお婆さんの話しを聞いてくれてありがとね。あんたが担当で良かった。」
と言われて、すごく嬉しかった。

きっと小さな事でも、その人にとって大きな存在になれるなら
自分にできる事は全力でしたいと思う。

っと、ドラネスネタがなかったので久しぶりに
私がしている介護のお仕事について書きました!!

ドラネス内でも「介護の仕事してるよ!」って人とよく出会います。
なかには、私が施設見学にも行き家からも十分通える所に
努めている人とも出会い、何かすごいなって思いました(笑)

だからバルさん今度、ご飯連れてってね!!!

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
名前でとるがな(
いつでもええでえええ
てか今みました☆
2016年06月03日(Fri) 23:37
No title
編集
ばるさん
★:見るのおっそ!!!!毎日みてーや!!!!!
  今度ご飯おごってねー♥
2016年06月06日(Mon) 02:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL