TOP ≫ CATEGORY ≫ ♠ :Care
CATEGORY ≫ ♠ :Care
       次ページ ≫

♥:経験から学ぶこと

困難に出会った時に 悩んでもがいて自分と向き合って
願いが叶ったり叶わなかったりして そこに学びがある


ほんとcomicoは神作品が多いです。名言ばかりです。
まぁ特に意味はないんですけどいい言葉だったので紹介しちゃいました(゚ロ゚)w

もう季節も桜の時期となり入学された方、新入社員になられた方
改めておめでとうございます!!!

私の職場にも高卒の男の子が入ってきました。流れる星と書いて
リュウセイと言うらしいです。かっこよすぎな!!!!!
初日はとても緊張しており、それが伝わってきていやもう可愛かったです(・:゚д゚:・)ハァハァ

私「あ~初々しいなぁ。私もあんな頃があったなぁ~」
上司「お前はないないww」

私も優しい上司の下で働きたかったです(`ω´)

教育担当は二人いて、そのうちの一人が私でした。
今の部署に来てからずっと教育担当を任されて一昨年に入って来た女の子も
去年入って来た男の子も今もとても一生懸命頑張ってくれています。

いつも新人の子には言うのですが
「若いしあんたらは可愛いねん!わかる!?だから可愛がられることが大事やで!」と
どこのオバハンやねんって感じですねはい。
でも若いからこその武器はほんとあります。まずはそれを活かして欲しい。

そして次に「返事と挨拶はしっかりするんやで。そしてメモをちゃんと取るんやで」と。
最初はほんとこれが大事。コイツやる気あんの?ってすごく見てますよほんと!!
多少ミスをしても最初は許されます。出来なくて当たり前。
だからこそ、愛嬌を大切にね!!!!

新人の子たちはガムシャラに頑張ってほしい。
慣れない環境で覚えなければいけない事もたくさんあり、しんどいと思う。
まったく知らない人達ばかりで、誰に頼ればいいか分からず不安になる事もあると思う。
でも最初は誰だってそうだと思う。嫌だからあきらめる。辞めてしまう。
もー少し頑張ってみて。きっとその経験が未来の自分に繋がることもあるから。

って私良い事いうやん(#゚ロ゚#)

でも私も高卒で入った時は上司に当たる人からネチネチ嫌味を言われ若いって理由で
バカにされることもあり「だるいな。辞めよかな。」って何度も思った。
でもだんだん腹立って来て「いつかコイツの上を行って、潰したるからな。」
ってのを目標に9年頑張りました。もうその時の上司は辞めてしまったけど
今はソイツより上の役職につき、私を慕ってくれる人もいてあのババアがいなければ
きっとここまで頑張れてなかったやろなぁって思う。
腹は立つけど、そのきっかけをくれたことには感謝してます。

でも中には、自分の事を思って叱ってくれる人もいる。
そこには「頑張ってほしいから」「成長してほしいから」そういった思いがある。
もちろん感情任せに怒ってくる奴もいる。そういう奴は
「このクソが!!お前も出来てねえだろww」って心の中で見下してやればいいよ!!

ただ、自分のことを思うからこそ叱ってくれる人がいる存在は忘れないでほしい。

だからね、これからがある人達はほんと頑張ってほしい。
でも「本間にもう無理」って思ったら辞めたらいいと思う。
今ある道だけが全てじゃないから他に自分に合うものがあるかもしれない。
だからこそいろんなことにチャレンジして下さい!!

スポンサーサイト

♥:待つ時間

毎日お着替えして庭園前に立っている幼女さん。
いつもは勝手にコーデを揃えては隣に並んでニヤニヤしているのだけど
今日は勇気を出して声をかけてみました!ww

双子コーデ

見た目だけじゃなく中身も良い人!!!!
幼女の可愛さやアバターについて熱く語れた気がしました!!!
今はリアル事情でログインしかほぼ出来ていない様子だけど
いつかネストやまたお話が出来たら幸せです(*´ω`*)

もちろんお揃いコーデでね!!!グヘヘヘh

トナ

そして今日は、ドラネスではなく介護のお仕事について書こうかなと

9月に夫婦で入居された方がいたのだけど、奥さんの方はパーキンソン病であり
意思疎通はしっかりでき、自己判断も出来るものの行動が遅く
自分で思う様に身体を動かす事もできず転倒する事も何度かあった。

伝えたい事があっても声に出して発語する事もなかなか出来ず
「トイレに行きたい」と言葉にするのにも数分は掛かってしまう。

なので夕食以降はスタッフも忙しい時間帯であり余裕が無い時もある。
一昨日の出来事だけど、夕食だから奥さんをリビングまで案内してほしいと
4月に高卒で入ってきたY君にお願いした。
でもなかなか居室から出て来なくて様子を見に行くと、奥さんが立ちながらベット柵を握り
その横にY君が困りながらもイライラしている様子で見守りをしていた。

私「どしたん?何かあったん?」
Y君「何を聞いても無言で、柵握ったままで離してもくれないんです・・・」

と、一旦Y君に退室してもらい奥さんと二人でお話をした。

私「どうしたの?お腹すかないの?」
奥さん「・・・・・」
私「旦那さんも待ってるよ?一緒に行きましょう?」
奥さん「・・・・・」

何を言っても無言だった。でも私の質問の仕方が悪いのではないか?
早く夕食を食べてもらいたい。じゃないと片付けや就寝サポートなどがある。
どこかで「早くしたい」って気持ちがあったと思う。
自分サイドで質問するんじゃなく、奥さんの行動にはそうしたくない理由があるはず。
納得できない事をされると誰だって拒否してしまう。

余裕がなくなるとその人の立場になって物事を考えるのってすごく難しい。

私「リビングに行きたくないのかな?」
奥さん「・・・・・」
私「ここ(居室)でご飯食べる?無理に行かなくてもいいよ?」
奥さん「い・・・行きたくない」
私「そっか。ずっと立ってるのも足に負担が掛かるから一度座りましょう」

と伝えるとすんなりベッドに座ってくれた。
話しを聞くと旦那さんと喧嘩したらしく顔を見たくないとの事だった・・・(笑)

退室後、Y君に奥さんが出て来なかった理由をお話していた。

「ちゃんと言ってくれないと分からない」


確かに、人に自分の気持ちを的確に伝えれるのは言葉だと思う。
でもそれが出来ない人もいる。
会話が苦手な人。病気で話せない人。様々な人がいると思う。
もちろんY君の時間や余裕が無い時にそうなるとイライラしてしまう気持ちも分かる。

でもそのイライラって自分では押さえてても、言葉や態度に出ている事って
ほんとよくあると思う。
何かを言いたい時、怒っていたり不機嫌な人にお願いなんてできるかな?
私なら「これ言ったら怒られそう。もっと不機嫌になりそう。でも…」ってなると思う。

時間はかかるかもしれない。でも、分かろうとする努力をすれば
必ず相手は答えてくれると思う。それの繰り返しで信頼性は生まれて来るし
この人が何を伝えたいのかってのも言葉にしなくても理解できる事もあると思う。

限られた時間の中でやらなければいけない事はたくさんあると思う。
でも誰かの為に待つといった時間も大切な事なんじゃないかなって
Y君とお話していましたww

そしてその時の奥さんとの一部の会話

私「私って何歳に見えますか?」
奥さん「・・・・(苦笑い)
私「じゃあ10代!?」
奥さん「・・・・(首を横に振る)」
私「20代!?」
奥さん「・・・・(首を横に振る)」
私「30代・・・?!40だ・・・い??」
奥さん「・・・(首を横に振る)」
私「50代・・・(´;д;`)?」
奥さん「・・・・(満面の笑み)」
私「もっと若いわwwwwwwww」


ドラゴンネスト・攻略ブログ

♥:伝えたい言葉

夜勤の時になるといつも「ご苦労様。これ食べて頑張ってね。」と言い
チョコレートやジュースをくれるお婆ちゃんがいました。

100歳の誕生日の時も家族を招待してスタッフ、利用者全員で
お祝いをしたり、皆からも好かれる笑顔の可愛いお婆ちゃんでした。

reWGUOVUQtnKM6H1467553391_1467553482.png

息子さんが二人いて、毎日面会にも来てくれたり
家族からも本当に大事にされているんだなっていうのがすごく伝わりました。

ZEBQf87qlcmKYbf1467553555_1467553573.png

王将が大好きなので定期的に食べに行ったりもしました。
歳のわりに本当に元気で、中華料理もめちゃくちゃ食べます(笑

1_o2nZuDiwV8BO31467553504_1467553531.png

そんなお婆ちゃんが先週、亡くなりました。
一ヶ月前に転倒し、大腿骨を骨折し入院したのがきっかけでした。

入院してから水分食事共に、まったく口にせず栄養状態も悪く現段階では
歳のせいもあり回復の見込みはほぼないと医師からも話されました。

一度私と上司がお見舞いに行った時も、以前のお婆ちゃんではなく
顔もやつれてしまい元気もほとんどありませんでした。
ただ、私達の顔を見ると「帰りたい。」と何度も何度も話していました。

それから数日後に病院から連絡があり「後2、3日が限界です。」と話しがあった。
この時のお婆ちゃんの状態は、酸素を入れており食事水分もほぼとっておらず
薬も飲めていないため、点滴も行っていなかったそうです。

夜間緊急時に何か起こった際に、医療的な事を介護士が行えない事など
施設での受け入れが難しい部分が幾つかあった。

でも本人の希望は「施設に帰りたい」であった為、ご家族も最期の願いを叶えたい
と言う気持ちがあり、施設で最期を迎える事となった。

施設に帰ってきた時、お婆ちゃんはとても笑顔だった。
でもいつどうなってもおかしくない状態であり、常に死と隣り合わせの状態だった。

退院してからは息子さんがずっと施設に泊まり
夜もほぼ寝ずにこのお婆ちゃんの手を握っていたそう。

お婆ちゃんが亡くなる前日、私は夜勤をしていて息子さんから
「少しいいですか?」と言われ、いろいろお話しをしていました。

このお婆ちゃんとの昔話や、入院してから今日に至るまでの話など
「自分は母にとって満足してもらえる事が出来たのでしょうか。」と言う
不安や悲しみなど、ぶつけようのない感情がたくさんあったんだと思う。

「いつもHさん(お婆ちゃん)は私達にも優しくしてくれたり、孫の様に可愛がってくれたり
私はHさんが大好きです。よく息子さん達のお話しをされる事もありましたよ。
毎日来てくれているのに「まだ来ないの?」と怒られる事もありましたよ。
きっともっと一緒にいたかったんですかね?大好きなんだなーって思いました。
最期に、ここに帰ってこれたのも息子さんたちのおかげだと私は思います。」

ってこんな感じのお話しを息子さんとしてました。
ただひたすら「ありがとう。ありがとうございます。」と頭を下げられた。

私達自身、本当にこれで良かったのだろうか?
このお婆ちゃんが望んでいた事を私たちは叶える事が出来たのだろうか?
ただの、私達の自己満足で終わってるだけじゃないのか?
など、思う事はたくさんありました。

でも、私が夜勤明けで帰る時にこのお婆ちゃんの所へ行き
「また明後日来るからね。待っといてね。」と言うと
「いっぱいありがとう」と言われ、一緒に過ごした思い出やさまざま感情がこみ上げ
この時ばかりは、涙を抑える事が出来ませんでした。
そしてこの時の会話がお婆ちゃんとの最期になりました。

最期は、スタッフと家族に見守られながら息を引き取ったそうです。
ここのスタッフが大好きだったお婆ちゃん。
息子さんの事が大好きだったお婆ちゃん。

お婆ちゃんの「ここが大好き。」と言ってくれた事が叶えられたと思いたい。
そして、いつも笑顔で優しく接してくれたそんなお婆ちゃんが私達は大好きです。
いっぱいいっぱいありがとう。

♥:自分に出来る事

夜勤者の人が巡回に行くと、トイレの手すりに電気コードを括り付けて
首吊り自殺はかろうとしたお婆さんがいたらしい。

発見が早かった為、特に異常はなかったものの
「何でもっと後に来てくれなかったの。もっと遅くに来て頂戴よ。」
と泣きわめいてたらしい。

私がここに努めて2年経ったぐらいの時にも夜間、他の部署からヘルプで呼ばれて行くと
居室の真ん中で横たわるお婆さんがいた。
状況を尋ねると首吊り自殺をはかろうとしたと話された。

私もそのお婆さん(Wさん)とはその時が初対面だったので
そのお婆さんの事も何も分からないし、自殺を図ろうとした経緯も分からず
ただただ、そのお婆さんの話しを聞いていた。

「私が死んでも誰も悲しまない。子供たちも迷惑がってる。だから死のうとした。」
と、そのお婆さんは話していた。

老人ホームに入れられたお年寄りに多く見られるのが

・淋しい ・子供に捨てられた ・早く自分のお家に帰りたい

施設での暮らしを快適に思う人も中にはいると思う。
でもやっぱり淋しいと思う人が大半だと思う。

そこで精神面でのケアをするのがスタッフであったり家族の役目だと思う。
でも中には家族との関係が悪い人もいたり、子供がいない人もいたりする。

現実問題、スタッフもお年寄り一人一人と接する時間が少なく
1人1人の不安や不満を解決するのはとても難しい。

でも、たった5分でも毎日お話する機会を作ればその人にとってはその5分が
1日の中での楽しみに変わるのかな?と思った。

それ以来、仕事が終わってからWさんの所へ行き昔話や
最近の出来事などたわいないお話しをするようになった。

そして今、そのお婆さん(Wさん)の担当をもたしてもらっている。
今では精神面でも落ち着き、他の利用者ともうまくいっている様子である。
家族との関わりは今も少ないけど、その分私達が側にいるって事がこの人にとっての
生きる希望に繋がればなと思う。

でも、他に自分がしてあげれる事はないのかな?
これがこの人にとっての幸せなのかな?と考える事もいっぱいある。

そう悩んでいた時
「こんなお婆さんの話しを聞いてくれてありがとね。あんたが担当で良かった。」
と言われて、すごく嬉しかった。

きっと小さな事でも、その人にとって大きな存在になれるなら
自分にできる事は全力でしたいと思う。

っと、ドラネスネタがなかったので久しぶりに
私がしている介護のお仕事について書きました!!

ドラネス内でも「介護の仕事してるよ!」って人とよく出会います。
なかには、私が施設見学にも行き家からも十分通える所に
努めている人とも出会い、何かすごいなって思いました(笑)

だからバルさん今度、ご飯連れてってね!!!

♥:ダイエット中のブタ

失恋後からダイエットに目覚めて一ヶ月で8キロ落としたブタさんです

落ち込む暇があったら自分磨きして綺麗になろうと思いました!
まぁいろいろと手遅れですが頑張りたいです( ´_`)

そしてドラネスにもボチボチ復帰し、今日はID実装!!よっしゃ行くぞ!!!

\でも夜勤!!なんでやねん!!!/

っと、スカチャでギルメンのシュパン結果を殺意を持った目で見ています

と、特に今日は内容がないよーってもう「は?」って思うぐらい何もないのですが
4月から新入社員も入ってくるとの事なのでそのお話しをしようかなと(っ'ω'c)

去年も高卒の子の新人教育を任せられたのですが(年齢が一番近いという理由で)
今年も高卒の男の子の教育を任せられたのですが

上司「くろさん、今相手おらんし年下やけど問題ないやろ?」
私「年下可愛いし、向こうがオッケーなら!てか部下に手ださんわwww」

っとなぜか同期からも「頑張ってね(意味深)」と言われます。

でも、去年教育した子もやっと一年経つけどもちろんまだまだ未熟な部分はあるけど
気付きの点や、分からない事は自分から周りに聞いて行動するなど
本当に成長してくれたなとすごくうれしく思う。

失敗をして上司から怒られた時も
「私この仕事向いてないんですかね。利用者にイライラしちゃう事も多いですし。」と
相談された事もあったりこの子なりにこの1年を通して悩んだ事もいっぱいあったと思う。

私自身、上司から注意される事は何度もあったけどそれは
怒るじゃなくて叱るって事なんだと、自分が教育担当に当てられて初めて気づいた。

「腹が立つ」「あいつぶん殴りたい」と思った時が私の思う怒る表現だと思う。
でも叱るってのは「その人に成長してもらいたい。」「その人を思って」って
相手を思うからこその感情だと思う。

だから叱られた時は「ありがとうございました。」って気持ちを持つようにしている。

でも注意されたには変わりないし落ち込む事もあるけど、それも必要な事だと思う。
大事なのは同じ失敗をしない事だと思う。失敗をしないと気付けない事もあるし
大事なのはほんとその後だと思う。

去年、教育担当を持った子が「くろさんが担当で本当に良かったです。」と言われた時は
自分の伝えたかった事が伝わったと思って、本当に嬉しかった。

私自身、担当を任せられてちゃんと教育出来るだろうかっていう不安もあったけど
新人から学ぶ事もたくさんあったり私も一緒に成長できてすごく感謝している。

4月からそれぞれの進路に進む人達も不安と期待でいっぱいだと思う。
人間関係、仕事、恋愛とたくさんの楽しみや苦労もあると思う。

でも今しか出来ない事ってたくさんあるから「あの時こうしていれば良かった。」って
思わない様、何にでも挑戦してほしいと思う。

歳をとると「もう無理ww」ってなるからホンマに!!まぁこれは私だけか(笑)
でも今っていう時間を本当に大切にしてほしい。

私も9年介護の仕事をしているけど、私にとって介護は天職だと本当に思っている。

一時期話題になった老人ホームでの虐待についても
理想の介護と現実の介護に対しての違いや人員不足など
解決できない問題もいっぱいあり私自身、この仕事を辞めようとも何度も思った。

でも、普段は自分からご飯を食べない人がお箸を持ってご飯を食べたり
普段笑わない人が笑顔を見せてくれたり、こういう些細な事が嬉しかったりで
この仕事が好きだってすごく思う。

「その人の最後の人生に寄り添う事の出来るお仕事」

私が先輩に教えてもらったように、今度は私が後輩に
教えていける存在になれたらいいなと思う!

っと長いブログになってしまったけど、呼んで下さった方ありがとうです(`;ω;´)
次はドラネス関連の記事にします!たぶん!!

って事で皆様、ID討伐頑張ってください!
いつでも鳩待機で待ってますよ(涙目